腰痛には入浴を

腰痛に作用があるので、日毎夜毎、お風呂に立入りましょう。汗水が出たら、肩口までサッと湯につかってからあがります。脚のむくみ差し止めにも成果があります。脚のむくみが気になる時には、体温よりこころもち高め(40℃くらい)の深めのお湯に浸かって、水圧を与えながら、揉み療治するのが実効的です。

参考 福辻式腰痛ストレッチの方法とは?

足湯も脚の血の巡りが改善されるのでおすすめです。せっかく温まっても、湯冷めをしては逆効果です。ひときわ、冬期は脱衣所やバスルームを予め暖かくしておくことが大事です。水分が残っていると湯冷めするので、お風呂からあがったら乾いた汗ふきで身体の水分を充分にふきとりましょう。ウエストや太腹を冷やさないように保温することもお忘れなく。